管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

管理薬剤師の手当と平均年収


管理薬剤師の手当と平均年収

管理薬剤師は薬剤師の資格を有していれば、特別な資格を持たなくてもなれるものですが、通常の薬剤師業務以外に医薬品や他のスタッフ達の管理監督をまかされる立場となるために、 その分責任が重くなると考えられています。

通常の薬剤師と比較した場合、求人数は多くはないのですが、薬事法により薬局に必ず1人以上は管理薬剤師を配置させなければならないと定められているので、新規出店がある限り求人は必ずあると言えます。 また、薬剤師という職業自体において、比較的入れ替わりも多いので、管理薬剤師に欠員が出た場合においては、急を要する求人が出ることもあるようです。

管理薬剤師の手当や年収に関しては、他のスタッフ達の教育や店舗及び医薬品全般の管理もまかされているために責任ある立場ということで通常よりも多めに設定されております。 具体的な年収としては店舗などによって差はありますが、だいたい500万円から600万円ぐらいとされていますし、手当としては通常の薬剤師手当てとは別に管理手当てが5万円程度設定されているようです。 このように年収面で考えてみますと、一般的なサラリーマンと比較した場合には多く設定されており、給与面における変動も比較的少ないとされておりますので職種として非常に安定しているとされています。

この管理薬剤師の具体的な仕事内容としては、医薬品の購入者に対する副作用を含めた様々な情報の提供や、医薬品の適正使用につながる服薬指導であったり、購入者からの副作用報告や相談に対する適切なアドバイスや、 場合によっては関係省庁への報告なども挙げられています。

また医薬品の購入希望者に対して、医薬品での対処が難しいと判断される場合においては速やかにクリニックへの受診を勧めることも仕事内容ということになります。 それから管理面での仕事としては、スタッフ達の監督責任と医薬品の適切管理が挙げられています。スタッフ達の管理業務は、接客におけるマナーや薬事法などの法令を遵守しているかをチェックしていくことなどです。 医薬品管理に関しては、薬事法などの法令に遵守した形式での医薬品陳列が正しくなされているのかなどのチェックが大切な仕事内容とされています。 そしてこれらの仕事内容の割合は勤務場所によって変化するもので、例えば卸会社で働くのかドラッグストアでの勤務なのかでも内容が変化することに留意しなければなりません。