管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

管理薬剤師の副業・兼務


転職

薬局には薬事法という法律に基づいて管理薬剤師の配置が義務付けられています。この管理薬剤師の副業・兼務は原則としてこの法律で認められていません。 ただ、薬局には必ず配置をしないといけないというルールが存在しているために、管理薬剤師の求人募集が出る場合もあります。

管理薬剤師として勤務する際にはこの副業・兼務は認められていないわけですが、薬剤師としての勤務ではなく別の業務との副業・兼務についてはどうなかというと、厳密に言えば特段禁止事項ではないようですが、 グレーゾーンにあたるのではないかとも言われています。もし求人等の応募によりで薬剤師以外での勤務を兼業で行おうという場合には、法的にはいいと言えるものではないけれども、 グレーゾーンであるという認識のもとで活動をした方が無難なようです。

薬剤師としての活動であれば、兼務ができない以上どこかの薬局で働いていれば、そこ以外では仕事ができないという解釈で問題はないようですが、法的にグレーゾーンに関しては 「禁止、と限定されていないのであればしてもいい」という安易な考えで行っている場合に限って、何かしらのトラブルとなり後々困った事態になるケースがあります。そのため、求人等で副業等をしようと思う際には、自己責任と自己判断で行うことが重要となります。

そもそも薬剤師として働いていれば、相応に給料も高額なわけであえて副業をしないといけない理由があまりありません。そのためこうした事態が考えにくいわけですが、もし今後こうした副業・兼務に関してやってみたいと思った時には、 よく考えてから行動するように心がけることが重要になります。法的に完全に禁止されていないからと言って、何でもしてもいい、認められていいという考えはある意味危険です。もし判断に迷う時には、 行政機関に確認をするなどした上で決断をするようにした方が無難であると言えます。

法律ではっきりと言いきっていない場合には、想定がなされていないケースが多くあります。そもそも薬剤師の資格を持つ人であれば、他の仕事はしないだろうという前提で法律等が制定されていると思われますので、 法律の条文で決められていないからと言って何でもしていいわけではないことは十分に承知の上で行動することが大切になります。 派遣会社等への登録を考えている場合には、派遣会社等の担当者にそのあたりのことを聞いてみるのも一つの方法としてはあり得ます。