管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

管理薬剤師に資格は必要?


管理薬剤師に資格は必要?

管理薬剤師は、医薬品の取り扱い・製造・販売をしている場所には、必ず一人は常駐していないければいけません。常駐しなければ行けない場所の例を挙げると、 調剤薬局やドラッグストア、医薬品卸売業、製薬会社などです。これらの医薬品を取り扱う現場には、必ず一人は常駐させるように薬事法で決められているのです。

薬事法で決められているほど管理薬剤師の業務が重要なら、特別な資格が必要と思われるかもしれません。しかし、管理薬剤師になるために特別な資格は一切必要なく、 薬剤師の国家資格さえ持っていれば誰でもなることができます。ですが、資格が必お湯なくて誰でもなれるといっても、本当に誰でも良いわけではありません。

医薬品を管理する立場になるので、それ相応の医薬品に対する知識が必要になります。また、必要になる知識は医薬品の知識だけではありません。 薬事法や薬剤師法などの法律関係に医療保険や医療事務、レセプトなどの知識も職場に会わせて必要になります。服薬指導や相談などだけではなく、情報管理などの実務作業も多くなります。 さらに職場にいる他の薬剤師も、上の立場からまとめ上げなければいけません。知識だけではなくリーダーシップも要求されるので、リーダーとしての人間性も必要になります。

リーダーシップについては、ある程度の薬剤師としての経験を積むことで、身につけることができる能力です。特別な資格は必要ありませんが、経験や知識が必要な仕事といえるはずです。 しかし、一定のキャリアを積んでいるのなら、資格は必要ないので誰でも管理薬剤師として働くことはできます。求人サイトなどでは管理薬剤師の求人も募集されていますから、 薬剤師としてキャリアアップするなら、求人サイトを頼りに転職をするのも良いでしょう。

管理薬剤師は、一般に比べて給与も高いです。スキルアップに加えて収入アップも見込めますから、やりがいも感じられるようになるでしょう。 もし管理薬剤師として働くことに不安を感じているなら、求人サイトでコンサルタントに相談してください。これまでの経歴を踏まえ、今後のことについてもアドバイスをしてくれます。 医薬品や法律に関する知識に自信があっても、人の上に立つことには不安を覚える人もいますから、そんなときは相談をすることで自分を見つめ直すことができるはずです。 キャリアアップをしたいなら、求人サイトを活用しながら求人を探してください。