管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

薬事法が守る消費者の安全


薬事法が守る消費者の安全

薬剤師の求人は、現在引く手あまたの状態です。なぜなら、それがたとえ町の小さなドラッグストアであっても必ず薬剤師が存在していなければならず、薬剤師の管理の下、薬は消費者の手に渡されるという薬事法のきまりがあるからです。 ドラッグストアはもちろん、医療施設の数だけあるといってもいい薬局など、薬剤師が活躍する場の数は膨大です。ではなぜ、各薬局などには必ず薬剤師がいなければならないのでしょうか。

薬事法の存在理由は消費者の安全を確保するというのが最大の目的です。医薬品というのは、服用の仕方によっては毒にもなりえるものなのです。もしこれが薬事法など無く、さらに医薬品の知識が無い人が管理、 販売をしたとすればどうなるでしょうか。それは、決して想像するに難しいことではありません。さらに各薬局には管理薬剤師という薬剤師のなかでもトップに立ち、全体的な責任を負う人が配属されています。 管理薬剤師は求人の中でも、その報酬が高額ということでも認知されていますが、実際には医師に薬品の提案をしたり、医薬品会社と密接な関係を築くなどの大きな役割があり、単なる薬品における知識よりも多くの経験などが必要な職種になります。

管理者はその薬事法の定めた事柄に基づいた判断をします。つまりは最終的には医薬品利用者の安全の上での責任を負かされているといっても過言ではありません。その立場とは限りなく医師に近い責任のあるものなのです。 また、管理薬剤師の下には必ず部下である薬剤師が存在します。つまり、企業で言うところの上司に当たるのが管理薬剤師です。医薬品の管理はもとより部下の管理も一つの重要な業務です。 部下が適切に勤務をしているかどうかということまで管理者の責任でもあります。

薬剤師の求人は、この管理職も含めて多種多様に存在しています。経験が浅い人はまずアシスタント的なことから始めて、管理できる地位になることを目標として勤務するべきではないでしょうか。 現在、求人の数は減少傾向とはいえ、まだまだ他業種に比べれば多いのが薬剤の業務です。各方面での勤務を経験し、広く深い知識をもった人が多く存在するようになれば、多くの消費者、または患者にとって価値のある存在になることでしょう。 これからも医薬の世界は年々新しい薬品が登場し、今まで治せなかったような症状が医薬品で改善できるようになっている状況です。業界自体がまだまだ伸びる可能性もあるので、そのやりがいは途絶えることはありません。