管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

管理薬剤師の主な業務と責任


管理薬剤師の主な業務と責任

薬剤師には様々な働き方がありますが、中でも調剤薬局などの責任者として従事するのが「管理薬剤師」と呼ばれる人々です。 薬剤師としての実務経験や薬局運営に当たっての管理能力、薬事法をはじめとした法律に関する知識、保険請求業務などの事務作業に関する知識など求められるスキルは非常に多いものがありますが、 調剤薬局のトップという立場であるだけに待遇は比較的よく、調剤薬局に勤める薬剤師がまず目指す地位でもあります。

では管理薬剤師の業務としてはどのようなものがあるかというと、まず必ず必要になるのが「薬事管理業務」です。自身が所属する薬局にある医薬品の状況などはもちろんのこと、 医薬品に回収指示が出た場合には即座に回収の対象となっているものをチェックし、国から劇物や向精神薬などとして指定を受けている薬品に関する保管の責任を負う、 部下である一般の薬剤師に対して医薬品に関する最新の情報などを周知させるなどの業務がこれに当たります。これができなくては管理薬剤師を名乗るということは出来ず、事実上最低限必要な業務ということになるでしょう。

また同様に必要性の高い業務となるのが「構造設備管理」です。法律で定められている薬局の構造や設備を維持し、問題が発覚すればそれの対応をする、医薬品以外にも販売するものがあるのであればその販売に関する責任を負う、 などの業務がこれに当たりますが、昨今の調剤薬局はどこでもある程度の競争が発生していますので、より良い調剤薬局を作っていくのであればこの業務を遂行する能力がなくてはなりません。

また薬局管理帳簿の記載を行う、医薬品の購入と品質管理を行うというようなことも当然ながら求められる業務になってきますので、管理薬剤師となった人には「薬局全体の責任を担う」という役割が求められることとなるのです。 現在の調剤薬局の設立は一時期と比べると減少傾向となっており、新しく管理薬剤師として求人が出されるということはさほど多くありません。 ですが全く無いというようなわけでもありませんから、そうした求人に応募をしたいというような場合には先に挙げた業務に関して、自身が本当にこなしていくことができるのかどうかということをまず判断する必要があります。

管理薬剤師は薬剤師求人の中でも比較的好待遇が見込める役職ですが、そこに求められる責任は一般の薬剤師の比ではありません。 しっかりと自身が責任を持って職務に当たることができるか、また本当に自身がその道を望んでいるかどうかと言うことは入念にチェックするように心がけましょう。