管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

薬局長と管理薬剤師の違い


薬局長と管理薬剤師の違い

薬局での求人を探して働くことを考えているときは、管理薬剤師と薬局長の仕事があることを正確に認識しておく必要があります。 管理薬剤師と薬局長の仕事内容は全く異なるからです。

薬局長の役割は店舗の責任者として本部とのパイプ役になる仕事となります。薬局などの店舗において従業員の仕事内容をチェックして怠慢がないか管理したり、シフトについて作成を行います。 従業員とお客様とのトラブルが発生したときは、それに応じて対処する必要がありますし、本部に経営状態の報告をする仕事もこなさなければなりません。 従業員ごとの役割を把握することで的確に指示を出したり、コミュニケーションを取ります。また、近隣にある病院や診療所などの医療機関と、情報を交換することも大切な役割のひとつと言えるでしょう。

管理薬剤師の職務内容については、薬局を営業するためには責任者をひとり設置することが義務付けられており、その役割を果たすことになります。 管理薬剤師は薬局の店舗の監督を行って、経営者またはそれ以上の責任が求められる役職となっていて、他の薬剤師よりも上の立場として仕事を行います。 どちらの職務も店舗を運営していく上で大切なポジションとなりますが、仕事の内容が異なってくることを把握しておかなければなりません。 薬局での求人に募集して仕事をはじめていく中で、数か月後にはこれらのポジションの役割を任せられることも考えられます。どちらの仕事に就いた場合でも店舗運営の責任が発生する職務となりますので、 人をまとめるためのリーダーシップが求められます。

現在では薬剤師の数は飽和状態になっていると言うことができますので、薬局長や管理薬剤師の職務にすぐに就ける人もいる一方で、 なかなかなれない人も珍しくないことが現状です。求人を募集していた薬局やドラッグストアにすでに薬局長や管理薬剤師がいるときには、代わりにそのポジションを掴むことは困難であると考えられますので、 どうしても薬局長や管理薬剤師になることを希望している人の場合は、転職することを考えるのも手です。

インターネット上には薬剤師専門の転職情報サイトもありますし、専任のキャリアコンサルタントが転職や求人情報についてアドバイスを行ってくれるものもありますので活用すると便利です。 薬剤師と管理薬剤師の明確な職務内容の違いについても、知識を得ることが可能となります。求人に募集する際には自己分析を行って、自分に適している仕事かどうか判断してから応募することが成功の秘訣と言えます。