管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

管理薬剤師にキャリアアップ


管理薬剤師にキャリアアップ

管理薬剤師は薬剤師の資格を持つ人が申請できる資格の一つです。管理薬剤師は薬事法で定められた職務をまっとうする事が求められますが、主な業務は従業員の管理監督、医薬品の管理です。 薬剤師の求人では主にドラッグストアや調剤薬局からのものが多いですが、管理薬剤師としての求人も増えてきています。薬剤師であればすぐに管理薬剤師になれますが、資格を持っているだけではうまく働けないこともあり、 求人の際には経験を求める場合も多いようです。

管理薬剤師の仕事は主に副作用等がある薬の相談や従業員の管理となりますが、店舗ごとに置く必要があり、兼任できないこともあって募集求人は多くなってきています。 特にドラッグストアはチェーン店が増えていきますので兼任できないという事情から、募集はひっきりなしにあるようです。ドラッグストアや調剤薬局以外に会社で薬剤を扱う場合に管理責任者として募集していることもあり、 この場合は部下の管理というよりは薬剤の管理が主な業務となります。従業員の監督も業務に入りますので、薬の知識以外に従業員の利用保険や人数管理、また、ドラッグストア等では顧客名簿の整理や商品ディスプレイの方法などの マネジメント業務も多くなると言われています。そのため、年収的には一般の薬剤師よりも高目に設定されていることが多いようです。

一般的な薬剤師の年収が600万円程度からと言われていますが、700万から800万を超える場合も多いようです。また、店をすべて任されることも多く、その場合は出来高制でさらに高給な場合も多いようです。 求人は一般薬剤師と同様に多くでていますが、業務の内容から避ける方も多いようですが、認定薬剤師を目指すのではないなら率先してチャレンジしてみることをオススメします。

ドラッグストアなどでは未経験の場合でもカリキュラムを用意して店のマネジメントを適切にできるように育てているところも多いようです。キャリアップとして考える場合、 認定薬剤師という道もありますが、 専門知識と臨床経験を踏まえて試験があり、非常に難関です。 ドラッグストアなどで一般薬剤の専門家として地域の住民の健康を守るという立場もこれからますます重要になってきていますので、 町の薬屋さんとしてのキャリアも十分魅力的です。また、給与面でも一般の場合に比べて業務内容以上に給与が設定されていると言われており、出来高制担っている場合もありますので頑張りがいがあると考えている方も多いようです