管理薬剤師は転職に有利?管理薬剤師として働こう!

管理薬剤師として働くことを解説したサイトです

 

 

はじめに


管理薬剤師の求人広告を見て、応募したいと思った人は少なくないと思います。一般に比べ待遇はよいのが一般的で、また勤務時間も一般の薬剤師と変わらない場合も多く、 特に資格も必要なさそうとのことで、何がこんなに違うのかと不思議に思う人も多いでしょう。調剤薬局では、たくさんの薬剤師が働いていますが、その薬剤師を管理士統括するのが管理薬剤師の仕事です。 この仕事は一見、一般の会社などにおける管理職と非常に似ていますが、その責任と権限は非常に強く、また業務も過酷なものです。

管理薬剤師は、薬局ごとに一人、必ず置かなければいけない規則になっており、チェーン薬局の様な複数の店舗がある場合には店舗ごとに置かなければならない決まりになっています。 いわば、現場の管理者の様な位置づけです。そして、現場の作業の管理者としてその仕事について管理監督をする必要があります。ここまでは一般の仕事の管理者と同じような仕事ですが、 さらに管理薬剤師の場合、薬剤師の業務の統括をするばかりでなく、調剤した内容の確認や、患者に対して不都合が生じた場合の責任をすべて負う必要があります。 すなわち、その薬局での投薬に関しては、すべての責任を負う、という立場になります。

調剤薬局の仕事は、医師が処方した処方箋に基づき、薬局内の薬剤を取り揃えて患者に処方します。また、患者に問診を行い患者が普段服用している薬や、他の病状などの情報を聞き出し、 処方箋通りの投薬が問題ないかどうかを確認することも必要な仕事です。また、患者がジェネリック薬品などの廉価な薬を希望する場合には、その判断により処方することも必要になります。 もちろん、医師の処方や薬剤師の判断によっては処方できない場合も有り、この場合には患者に丁寧に説明する義務も発生します。

このように複雑な薬剤師の仕事を把握し、すべての薬剤師が患者に対して同様の作業が出来る様に教育活動を行ったり、また、薬剤の在庫や処方箋の管理など、様々な面での維持管理が必要になります。 また個人の薬局などの場合にはオーナーが、チェーン薬局の場合には店長がこの仕事を行う場合が多いのですが、経理面での作業も行う必要があり、非常に過酷な仕事なのです。

チェーン薬局などでは、管理薬剤師の求人もたくさんされています。しかし、この仕事が単なる管理者というだけではなく、医療現場の一端として患者の治療に責任ある立場で関わるということを十分に理解し、 求人に応募することが必要です。薬剤師 求人については希望の条件を入力するだけで最新の求人情報を得られる便利なサイトもありますので、 こういったサイトから情報を得るのもよいでしょう。